遺品整理を業者に頼むメリット

遺品整理業者とは

遺族に代わって、故人が生前に使っていた身の回りのものを整理して処分作業サービスを代行している業者が「遺品整理業者」です。

基本的な礼儀作法がないと遺族に対して失礼になることもあります。便利屋さん的に片付けを事務的に行うというよりは、供養の気持ちを持って遺族に気配りをしつつ、捨てるものと残すもの、価値があるものを適正に査定するなど遺品整理に関わるスキルが必要になってきます。

遺品整理をテーマにした映画「アントキノイノチ」などが上映されたり、遺品整理の業者についての特集番組なども放映されるようになってきたので、このサービスのことが知られては来ましたが、まだあまり知られていないのが実情です。次に個人で遺品整理したときのデメリットについて紹介します。

個人で対応するのは手間と知識がかかる

故人の大切な遺品ですからできれば身内がじっくり整理するほうがベストです。たとえば、資産関係の書類なども自分で確認しながら整理できるメリットも大きいでしょう。しかし、賃貸住宅などで整理の時間が限られているときや、遠方に住んでいて作業がはかどらない、精神的に落ち着いてないために整理に取り掛かれるような状況ではない等、様々な理由があるときには専門の業者に頼んだ方がいいこともあります。

片付けする遺品を処理するときには、リサイクル法に合わせて分別する必要があったり、大量のごみを処分するときに地域に合わせた手続きも発生します。遺品整理業者はそれらの知識があるので、安全で早く遺品を片付けてくれます。

現場の状態が酷いケースでも、業者に任せることができる

身寄りがいなかったり、親族がいてもほとんど付き合いがないなど、お亡くなりになった故人が孤独死をしたようなケースでは、実際に亡くなった日からかなり日数がたってから発見されることもあります。また、一人暮らしのお年寄りに増えているのが、ゴミが散乱しているような部屋で暮らしていることもあります。

このように故人のお部屋の状態がひどい場合でも、業者であれば対応可能です。

ご遺体の発見に長期間気づかれなかったようなケースの場合などは、特殊清掃ができる業者に依頼すると、専門的な知識や清掃後の消毒や消臭なども合わせて任せることができます。そのような業者は取扱件数も多いため、信頼して遺品整理をお願いすることができるでしょう。