もしものために~遺品整理について知っておこう~

遺品整理の現場は年々増えている

最近は核家族化がほとんどで、お年寄りも子ども夫婦との同居ではなく、高齢になってもあえて一人で住むことを選ぶことが多くなりました。昔のような大家族のスタイルは少なくなっています。夫婦で住んでいても、配偶者が先に旅立ち身寄りがなく一人暮らしを余儀なくされている方もいます。高齢化社会が進んで、周囲との交流が少なくなってくると「孤独死」するお年寄りも増えています。

そのため、身寄りがないお年寄りが急に亡くなってしまった場合には、行政(公団住宅)や不動産業者などが、遺品整理業者へ遺品の片付けを依頼するような状況も年々増えてきました。では、遺品整理とはどんな作業が発生するのかについて解説しましょう。

遺品整理士とは

遺品整理と聞くと、すべてゴミとして廃棄処分するようなイメージがありますが、亡くなった方の想い出の品であれば、それはゴミではありません。遺族としては丁寧に扱って欲しいと思っています。業者が遺品整理をするときは、そこに心遣いが必要になってきます。さらに廃棄する際の法規制についても最新の知識を持って迅速に整理作業を進めるノウハウや、高価な遺品を正当な価格で査定する技術も必要です。それらの知識がない業者が遺品整理を行うと、遺族の不満やクレームにつながってしまいます。

そのような状況にならないように、確かな鑑識眼と対応力をもったプロを認定する「遺品整理士」という資格がひとつの目安となります。この資格は遺品整理士認定協会から発行されています。

生前整理とは

最近はご高齢の方の意識の高まりなどもあり、将来を考えて生前整理に取り掛かる方もいらっしゃいます。生前整理とは、自分が生きているうちに身の回りの生活品などを自ら整理しておくことです。

人が亡くなるときは急に亡くなることがほとんどなので、その後に残された遺品を一度に整理するとなると大変な労力が必要になってしまいます。ご自身のお子さんや業者にはわからなくても、本人ならではの遺品の仕分けの基準もあるでしょう。

長期間使っていなくて明らかにいらないものであれば、捨ててしまってもいいでしょう。まずは物置や使わない部屋に長年片付けたままになっているものから処分することも生前整理の作業のひとつになります。