遺品整理業者のホームページのここをチェック

1.料金が明確かどうかをチェック

通常、遺品整理の料金の算出方法は業者によって異なりますが、部屋の広さによていろいろなサービスがパック料金になっているケースと、実際に訪問見積もりにより基本料金にプラスαとなる料金設定にしているところがあります。

内訳としては、遺品整理や片付けの基本料金、スタッフの人数、交通費、処分費用、清掃などが含まれています。いずれにしても、訪問見積もりなどのときに提示された料金と作業当日に請求された金額に差が発生することが、トラブルの元になるのが大半です。ホームページだけでは、詳細の料金はわかりませんが、それでも料金の算出方法や目安などがホームページに明示されていて、「見積もり後に追加費用が発生しない」という文言が明示されている業者かどうかはチェックして欲しいポイントです。

2.免許を持っているかチェック

遺品を整理するのに免許が必要かというと、必須ではありません。しかし、業者の信頼性をどこで判断するかということになると「遺品整理士」などの免許があるほうが信頼性はグッと高まります。業者選びのポイントとして、さらに確認してほしい2つの免許は「産廃収集運搬許可」と「古物商許可」の免許です。

「産廃収集運搬許可」は都道府県知事により認可される免許で、(財)日本産業廃棄物処理振興センターが実施する講習会を受講した業者に発行されます。この免許があれば遺品整理で発生した不用品(産業廃棄物)を中間処理施設や最終処分場へ運搬することができます。「古物商許可」も都道府県知事により公布される免許で、中古の商品を仕入れて販売することを許可するものです。遺品の分別後にリサイクル販売や買取などを行うときに必要な免許です。

3.お客様の声や口コミをチェック

遺品整理の仕事は、遺品をただ仕分けするだけの仕事ではありません。人が行う作業ですから心が籠っているかどうかは気になります。一つ一つの遺品には故人の思い出が詰まっているので大切に扱って欲しいという気持ちが働きます。費用などと違い数値にして表せない作業内容や気遣いは、ホームページ上でお客様の声や口コミ情報の中から知ることができます。

実際の作業時にどういった対応をしてもらえるのかはもちろん、見積もり時の流れや、遺品整理に関連するサービスやアドバイスなどのヒントもこれらの情報から探すことができるので要チェックです。ホームページ上に情報が見つからないときは、電話で問い合わせたときの印象なども参考にするとよいでしょう。