こんな業者なら安心!~選ぶ時のチェックポイント~

1.電話対応は丁寧か

遺品整理業者選びのスタートは、電話による問合せが最初でしょう。その最初の時から安心できる業者選びが始まっています。

他のページでも紹介しているのですが、遺品を仕分け・処分するときは遺族に対しての心遣いもチェックポイントの一つです。電話対応が丁寧なところは、実際の遺品整理作業自体も丁寧に心を込めて行てくれると考えても良いでしょう。また、このときに疑問点があるときは、いろいろと質問してみることも信頼できる業者かどうかを見極める判断材料となります。経験豊富な業者であればあるほど、あらゆるケースに精通しています。電話対応ひとつで、その業者の遺品整理に対するスキルやノウハウ、経験度を判別することができるんです。

2.訪問見積りや、作業開始前のミーティングをしっかり行ってもらえるか

遺品整理の分量が膨大になればなるほど、訪問見積もりで正確な見積もり費用を出すことが信頼の鍵です。また、事前見積もりの際に遺族側の疑問を解消するような質問や相談を受け付けてくれると安心しますよね。実際に作業をお願いするときでも、遺品仕分け時に残しておいてほしい品物の情報を事前に知らせておいて、それを作業するスタッフに伝えたりしてコミュニケーションを取りながら進めるか否かもポイントです。大切な遺品を扱うスタッフとミーティングすることで安心感も増します。その時間をしっかりととってくれる業者かどうか、電話でも確認しておきましょう。スタッフの品質チェックにもなる、これらのことは業者の質を測る大きな判断材料となります。

3.特殊清掃や解体・供養などのサービスを一括で行ってくれるか

遺品整理に関連する作業は、貴重品や遺品の選別、家財道具のリサイクルや買取だけではありません。処分する遺品をそのまま捨ててしまうのではなくきちんと供養したいという場合もあるでしょうし、住む人がいなくなった自宅の解体や清掃、売買も考えることがあるかもしれません。また遺体の状況によっては特殊清掃が必要なケースも考えられます。これから依頼する遺品整理の業者が、それらのサービスを一括で行える専門業者であれば、いくつもの業者に作業を手配しなくても、一度に手配してもらえるので費用や手間のことを考えるととても効率的です。

遺品整理に関する作業をトータルに受け付けている業者かどうかという点も、併せてチェックしてみることをお勧めします。